仕事で嬉しい事がありました。

今年の夏から始めたアルバイトは、のんびり屋の私には、なれないのと、つらいのとで厳しい仕事だなと内心では思っていました。
正直、やめたいなと思っていたのです。

 

ある時、また失敗をしてしまい、ものすごく店長に怒られてしまいました。私なんてやっぱり何をやってもダメなんだと落ち込み、とうとう
こらえきれずに辞めたいと言ってしまったのです。
多分あっさりと「やめれば」と言われてしまうのだろうなと思いこんでいたのですが、結果は意外なセリフでした。
「どうしてもやめたいならやめてもいいよ、でも一緒にやっている仲間たちが、
君が失敗しながらも一生懸命に仕事をやっている姿を暖かく見守っていることを知っているのかな?。
みんな内心ではすごく君の事を応援しているんだよね。
長い目で見守っていくって、みんなが言っているんだけど。もしも今君がやめたら、みんなの気持ちも無駄に
なってしまうからすごく残念だよ」

 

その時、職場のみんなに厳しく指導されながらも、ふと垣間見せてくれる沢山のやさしさを思いだしたのです。
私は自分の事ばかり考えてしまい、周りの気持ちには気が付かないでいた事に気が付きました。
それからは仕事を辞めたいとは思わなくなりました。
なによりも職場の仲間の為に頑張りたいという前向きな気持ちで仕事にはげむ事が出来るようになったことを
とても嬉しく思っています。